MBA流 大人の学ぶ力

経営・MBAのフレームワークやマネジメント理論を応用しながら、ビジネス・社会問題から何が学べるかを考察します

苦労して仕事をしてきた人ほど陥る思考の罠:情熱とパワハラの間

私はかつて教育系ベンチャーに在籍していたが、当時社員が10名ぐらいだった職場では、毎日あちこちで問題が勃発し、それを力技で解決するといったことが日常茶飯事で行われていた。 当然ながら、私が責任者だった部門も同じような状態で、いろんなところで…

神様の女房の話

オフィスに置いてあった「致知」のバックナンバーを久々に読み、松下幸之助氏の妻だった、むめの夫人のエピソードを発見した。松下幸之助もすごいけど、奥さんもすごかったなんだなあと感心。 大正6年、幸之助さんが22歳の時に電燈会社を辞め、ソケット製造…

ECサイトの勝ち方

金持ち社長によれば、ECサイトの勝ち方には3つのパターンかある。 1)質で勝つ 2)種類(量)で勝つ 3)安さで勝つ ゾゾタウンは当初1の「質で勝つ」を標榜していたのだが、規模が拡大し、参加者が増えてきた時点で、2の「種類で勝つ」にスライドして…

天才たちに共通するもの

TBS「消えた天才」の1月3日放送は、 松井秀喜さん、松岡修造さんなどが、かつて絶対に勝てなかったライバルについて語る新春スペシャルだった。それを見ながら、 「天才になった人」と「天才になれなかった人」 を分けた共通点は何だったのだろうと考えた。…

マックのエクセルで「'〇〇.xlsx'の一部の内容に問題が見つかりました。可能な限り内容を回復しますか?」と出るエラー

Mac (10.14.2 Mojave)で、オンライン購読版のMicrosoft Office 365 のエクセル(Excel バージョン 16.20)を使っているが、保存したファイルを開くたびに、 「'〇〇.xlsx'の一部の内容に問題が見つかりました。可能な限り内容を回復しますか?」 という謎のエ…

自動運転に関わる「トロッコ問題」と原発のシビアアクシデントの共通点

マイケル・サンデル教授の「白熱教室」でも冒頭に出てきた「トロッコ問題」についての現代的な問いかけが、自動運転システムの開発によって、いよいよ現実化してきている。 まだまだ自動運転技術は、この究極の選択をしなければならない技術領域にないので保…

Logitech (Logicool) Spotlight Presentation のエラー Mac OS 10.14.2でうまく動かない場合の解決法

使っていたキャノンのプレゼンテーションリモコンが調子が悪いので、PayPalの20%還元キャンペーンを使って、ロジテック(ロジクール)のスポットライト・プレゼンテーションというリモコンを新調した。 SPOTLIGHT PRESENTATION REMOTE - GOLD 出版社/メー…

まだまだ迷走するスリランカ

2009年に内戦を終了させる際の捕虜虐殺や、賄賂授受を含めて中国に傾倒しすぎて批判が強まっていたラジャパクサ大統領が失脚し、同氏の実質的子分だったシリセナが現大統領になったのは2015年の話。 スリランカは現在、中国に対する膨大な対外債務(年利6%…

システム開発:「カレーを作ること」と「カレーの材料を作ること」

かれこれ、2年ぐらいかけて、オンラインコミュニティのマネジメントシステム「フローパッド」を作っています。 もともと完成形のイメージは10年前にはすでにできていたのですが、実際にシステムの作り込みをしてみると一筋縄にはいきません。 例えば、 ク…

募金のマーケティング

歳末になると支援団体が募金を募っているのをよく見かける。 募金 若かりし頃、NGO業界に片足を突っ込んでいたので、UNHCRやWFP、UNICEFなどが一生懸命活動されているを見ると募金したくなる。しかし国連系団体は、現金を一切受け付けずに、月額サポート制へ…

売れ残るほど儲かる? キャシュフローと損益計算書のズレ

以前、事業部の総責任者をやっていた際に、もやもやと違和感を感じていたことがある。それは「売上」と「利益」の関係である。 仮に売価1万円の動画DVDの販売を企画したとして、ロイヤリティを含めた製造原価が1枚あたり5000円だったとする。また間接部門か…

「なぜ」が大事! ゴールデンサークルとカチッサー効果

私の大好きなTED動画にサイモン・シネックの「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」があります。 【TED】サイモンシネック 優れたリーダーはどうやって行動を促すか SimonSinek ポイントはメッセージを「WHY」からスタートすること。 で、これと一緒に…

心理的リアクタンスと「もれ聞き効果」

「これをぜひ買ってください」 と他人に強制されそうになると、かえって買いたくなくなるということがよくある。(私なんかはこのパターンだ) 人は「自由をうばわれる」「自由を制限される」と直感的に感じると、それに苦痛を感じ、自由を回復するような行…

交渉の鉄則は相手のニーズを見極めること

北朝鮮で日本人の独立系ジャーナリストが拘束されたというニュースが流れています。概要としては、ヨーロッパ系の旅行代理店のツアーで入国して、そのまま消息が途絶えているようです。 シリアでも同様にジャーナリストの安田さんが拘束され、その映像が公開…

オンライン実践コミュニティで競争力を加速する

「経営センサー」(東レ経営研究所 2018-4号)にコラム「オンライン実践コミュニティで競争力を加速する」をご掲載いただきました。嬉しい! 内容的には、リアルの研修後に、習ったことの実践結果をシェアするオンラインコミュニティを提供することで、学習…

作って見ないとわからない

アジャイルとか、リーンなどが一般語化してきたが、本質は「作ってみないと問題点はわからないので、その”作ってみる”というプロセスのサイクルを短くして、効率を上げようということ」だと理解している。 リーンは現在、ソフトウエア業界では「アジャイル開…

後発サービスが勝つ条件とは?

MBA

ここ数年考えているテーマに「後発サービスが、先行サービスに勝つにはどのような条件が必要か」がある。 通常は、市場に早くサービスや商品を投入した方が有利に働く場合が多い。Walkman などはその典型で、商品名自体が新しいカテゴリー(Blue Ocean)を作…

投稿率アップの鍵はUIの改善(第一回オンライン読書会の学び)

新システムを使ったオンライン読書会のトライアル第一回が終わりました。忙しい中、ご協力いただいた参加者のみなさまには感謝感謝です。 結果的にいうと、ユーザビリティにまだまだ改善の余地があることがわかりました。 とくにUI(User Interface)は、ユー…

教えるのはAI? これからの社会人教育に起こるエドテック革命(Edtech Revolution)

「シンギュラリティ」や「xTech」といったワードが、一般用語として世の中にだんだんと浸透してきました。AIやブロックチェーンといったテクノロジーが、これからの社会をエクスポネンシャル(指数関数的)なスピードで変えていくことに、もはや疑いの余地は…

サービスの比較対象を設定する

MBA

キングコング西野さんが箱根駅伝について面白い議論を展開している。その主張の骨子は、箱根駅伝が面白くない理由は、視聴者が「ランナー」と「ランナーの前を走っている白バイ」のスピードを無意識に比較してしまうからというもの。 つまり、涼しい顔で白バ…

AIとロジカルシンキングの間(人間が後追いでロジックチェックする世界)

筑波大の落合陽一さんが「日本再興戦略」のビデオで面白い議論を展開しているので、それについて考えてみたい。そのポイントは下記である。 1)AI(Deep Learing)の進化が著しく、AlphaGoの例でも分かる通り、AIがどんなロジックで戦っているのか、すでに人…

事業家父さんノート その1

身近にいる事業家父さんから聞いた話をメモ的に書きます。 ビジネスを発展させるキモは3つだ。 1)スピード 2)結果 3)自動化(「型)化) 1と2はセットで、とにかくQuick Win をすることが大事。今風にいうならMVP(Minimum Viable Product)を作って…

交渉力をつけるには、強力なBATNAを手放さないこと

第26代米国大統領セオドア・ルーズベルトの外交姿勢を比喩する言葉として下記がある。 「Speak softly and carry a big stick.」 平たく言えば、”交渉の時は、おだやかに喋ると同時に、棍棒(いざという時の武力)を必ず持っておけ”(そうやってナメられない…

結局、ご飯を食べさせるリーダーに人はついていく

ラジャパクサ前大統領時代の異常な中国傾斜から脱却したと思っていたスリランカ。2月の地方選挙で、前大統領派が勝ち、先が見えなくなった。 「理想」と「ご飯」を天秤にかけると、多くの人はご飯を食べさせてくれる親方(リーダー)になびく。何か違うと思…

自分で語る言葉と経験を持つ(人間ウィキペディアからの脱出)

私見ですが、人間には「インプットの時期」と「アウトプットの時期」があると思っています。学びの作法で言えば「守破離」の「守」は、まさに「インプットの時期」に当たります。 ここで気をつけたいのは 1)インプット自体が目的化してしまわないように注…

知らないからできる(TOC)の読書メモ

KPIの取り方の工夫は経営そのものであることがよくわかる一冊。 ▼設備稼働率をKPIとした場合 (メリット) 1)製品の原価率が下がる →固定費部分(工場設備や賃料など)が均等割になるので。 →B/S上は資産として計上される (デメリット) 2)不良在庫が増…

ビットコインを巡る仮想通貨と未来の学び方

以前にビットコインについて書かせていただいたのですが、仮想通貨とそれをベースで支える「ブロックチェーン」が来年本格的に様々な分野で存在感を高めそうです。 ▼ソニー、教育データを“ブロックチェーン”で認証管理できるシステム japan.cnet.com 中央監…

消費者の期待値を下げてがっかりさせないAI(人工知能)の「キャラ戦略」

最近、ソフトバンクのペッパー君が、ユーザーに飽きられて首をうなだれている切ない姿をたまに見かけます。マーケティング的に見れば、人の形をしている分だけ、 「人間と同じぐらい会話ができるんだろう」 という期待値を過剰に高めてしまったがために、そ…

ガンバリズムからマネジメントコントロールへ

MBA

守島先生のコラム。深い。 business.nikkeibp.co.jp ユニクロもそうだけど、現場のガンバリズムに過度に依存しない「仕組み」としてのマネジメントコントロールがこれからの日本に必要とされているんだと思う。 「欧米は職務主義ですから、各人の業務範囲が…

カフェの回転率を上げる質問はないか?

MBA

パン屋がやっているカフェ。奥のカウンター席が混み合っていてまったく座れない。 その一方、2人がけテーブルをくっつけた4人席が4つあり、4名席を一人で占拠しているシングルのおじさん(おそらく65歳以上)が各2名、同じくおばあさん1名、そして2…