大人の学ぶ力

若林計志が経営・MBAのフレームワークやマネジメント理論を応用しながら、ビジネス・社会問題から何が学べるかを考察します

「会社のルールですから」と3つのマネジメントパワー

某クラウドサービスの名義変更をしようとしたら「社印」が必要とのこと。 ハンコ廃止のこのご時世であり、ITベンチャー企業なので、「契約時に社印がいらないのだから、名義変更でも社印が不要な手続きにできませんか」と連絡したら、 「会社のルールなので…

マカフィー インターネットセキュリティ (mac)で「セットアップの完了を許可してください」が延々出る話

マックを乗り換えたので、セキュリティセキュリティソフトを再インストール。 旧パソコンから新パソコンへのデータの入れ替えは、Timemachineによるバックアップで一瞬で終わった。さすがApple。凄すぎて感動。 問題なのはMcAfee Internet Securityのインス…

オープンになり、記録されることで授業は磨かれる(オンライン授業の効果)

映像を配信する=記録が残る=ライバルや同僚にみられるって、ことになるので、クローズドの教室よりも、より綿密な準備が必要になります。 特に授業の設計が大事。 何を同期でやるのか、何を非同期でやるのか。 ストーリーやゲーミフィケーション的な要素を…

危機の時こそイノベーションは生まれる

危機の時こそイノベーションは生まれる。 「空いている飲食店店員」×「人が欲しい配達業者」 「客が来ない飲食店」×「客が来ないタクシー」 のコラボレーション。こういうのは本当に良いアイデア。 (「空いているものを活用する」という思考パターンで抽象…

オンライン授業・セミナーのコツ(eラーニング専門家が10年間のノウハウを公開)

ITジャーナリストの湯川鶴章さんに急速に需要が高まっているオンライン授業の組み立て方について動画取材いただきました。 eラーニング専門家が10年間のノウハウを公開【2020年】 ポイントは、対面授業を単にWEB会議に置き換えれば良いというわけではなく、…

緊急対応を通常オペレーションに進化させる

TOC

非常時に行なう緊急対応には、プラス面とマイナス面が混在する。 例えば、緊急事態宣言下で在宅ワークになったことで、集中できる時間が増えて、結果的に仕事の生産性が上がったという投稿をよく見かけるし、僕自身もそれは実感する。 であるなら、緊急対応…

クラスター班に感染者の携帯位置情報というデジタルの武器を与えよ

東京は本日143人の新規感染者のうち92人が感染経路不明という状態だが、ニュースを見ていると、92人のうち、本当に経路がわからないのではなく、積極的に調査に協力しない人(拒否者)が相当いることがわかる。 金曜日夜に駅前の人気ラーメン、そして赤提灯…

ZOOMのポテンシャルを活かすバーチャル研修&スクールの設計

コロナの影響で、私の周りでも、社員研修や講演会などが軒並み延期になっていますが、その代替としてZOOMを使ったセミナーがにわかに脚光を浴びています。 中身は、私が責任者をやっていたオンラインMBAの「バーチャルクラス」で、10年以上前から先生や学生…

WebEXからスピンオーバーしたZOOMが生き残れた訳は?

MBA

最近使用頻度が一気に増えたZOOMの創業者はCISCO WebEXのプロジェクトメンバー(Vice President)だったと初めて知った。CISCOは普通にいい会社だと思うけど、41歳でWebEXをやめてまで、ZOOMで実現したいことがあったのだろう。 WebEXはWebEXで今でも健在だ…

手のひら返しの意思決定(オリンピック延期議論を巡って)

MBA

日本の組織のおける典型的な意思決定の方法について、オリンピックは貴重なケーススタディになりそうなので、記録しておきたい。 3月12日の時点で、森会長が率いる「2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会」では、延期の(可能性の)議論すら許され…

正義に溺れる自分を疑う

戦争をはじめ、多くのコンフリクトは 「自分が正しい」 「自分が正義である」 という前提で発生する。風評被害でも、デマの拡散でも、多くは「騙してやろう」という動機ではなく、 「みんなを助けたい」 「役立ちたい」 という内発的動機に基づいて行われる…

スターティングポイント

やっと昨日、AppStore審査にパスし、チャットボット機能を実装したディスカッションアプリをリリースした。一応AIも使えるようになっているけど、しばらくはシナリオベースで自然な会話を成立させるデータをひたすら打ち込む予定。 フローパッド(FlowPAD) Fl…

二流は後ろから撃たれる

MBA

米海兵隊の教訓に 「二流は後ろから撃たれる」 という言葉あるそうだ。戦場では自分の命がかかっているから、人間のエゴが剥き出しになる。したがって、よほどしっかりした信頼関係を構築しない限り、 自分が助かりたい一心で、味方を背後から撃ったり、味方…

担がれるリーダーシップ

MBA

心屋仁之助(じん)さん×永松茂久さんの対談が面白かったのでメモ。 テーマはズバリ「リーダーシップ」。 だけどちょっと切り口が違う。じんさんの説明は感じ。 一人で頑張りすぎるリーダーには「リーダーというものは人を引っ張っていかなければならない」…

かんぽ生命のKPI設定ミスとマネジメントコントロール

MBA

「Result Control」におけるKPIの設定ミス(?)によって、Gamesmanship(数字だけを追うゲームが発生して暴走すること)が発生した典型的な事例だと思う。 現場の人は良心の呵責とノルマの間で苦悩しただろうと思う。KPIを「契約後の顧客満足度」等に設定し…

問題解決法の進化(「分解」からつながりをベースにした「再構成」へ)PSAとシステム思考

MBA

記事のPOINTS:① ものごとをバラバラに分解する手法は、問題解決法の一部に過ぎない。② 因果関係を無視して問題解決はできない。③ 「分析」と「つながり」をベースに、創造的な解決策を作る必要がある。 「ロジックツリー」「MECE」「Fact-Base」などの言葉…

人との感情的な対立をロジカルに解消する(痛い経験編)

半年ほど前、ある人にアメリカの某クラウドサービスが便利そうですよ、とウェブサイトを紹介しました。 そのサービスは一部無料でも使えるのですが、有料の使い放題サービスは月30ドルほど。日本で同等のサービスを利用すると、5−6倍の値段はするので、仮…

信念対立解明アプローチ、アンコンシャスバイアス、クラウド

TOC

コンフリトマネジメント系の情報を収集をしているとき、「信念対立解明アプローチ」というワードを見つけました。 どこかで聞いたことがあるなと思っていたら、構造構成学の第一人者である西條剛央先生のオンラインコミュニティで出てきたワードだったので、…

守破離のステップで学ぶ:思考の体幹トレーニング

MBA

スキル=行動フレームワーク 考え方=思考フレームワーク 哲学=精神フレームワーク 分類して自分のレベルをアップする方法を考えると良い。 スポーツだと、 スキル=テクニック 哲学=体幹トレーニング とも言える。 「守破離のステップで精神のフレームワ…

自動運転であおり運転から身を守る

日産に搭載されるあおり運転への対策オプション。 9post.tv 自動車が走っている現在地から公道の制限速度や急ブレーキのレコードなどを同時取得し、煽られる方に問題がないこともAIで即時判断できるとなお良いと思う。 同時にバックカメラで後続車種のナンバ…

日本人はリーダーがお嫌い?(世界価値観調査)

MBA

オランダで始まり、ミシガン大学がリードしている「世界価値観調査(World Values Survey)」という世界レベルの学術調査がある。 これに面白い質問項目があって、 「リーダー(Authorityなので権力者でも良い)が、より尊敬される社会になることは良いと思い…

セミナーや講演会で「質問する力」(4つのチェックポイント)

私自身の講師経験や、社会人スクールの運営を通じた講師と受講生のやり取りを思い出すと、筋の良い質問、価値のある質問には、ある程度の共通点があるなと思います。 下記にそのポイントをまとめてみました。(追加があればおしらせください!) 1)調べれば…

仕事はゲーム化する時代

Amazonはなんでも早い。そして、このゲーミフィケーションのコンセプトは、何にでも応用できる。 www.gizmodo.jp ゲームを他人と競わせる為に使うのではなく、本人のモチベーションアップにつかうという視点もいいし、報酬が社内仮想通貨というのも面白い。 …

ライドシェアリングの急先鋒「電動キックボード」をUSで試してみる

アリゾナ州・フェニックスで、昨年ぐらいから話題となっている電動キックボード(キックスクーター)の「LIME」(正式にはLIME-S)を体験してきました。 日本でニュースを聞いた時は、違和感があり過ぎて、 「なんじゃこりゃ、アメリカはバブルだな」 と正直…

イノベーションを生み出す交渉術

イノベーションの重要性が叫ばれて久しい。あらゆる市場がレッドオーシャンに染まり、利益を出すのが難しくなっている市場で、新しいバリューを訴求して、ブルーオーシャンで戦いたい、という思いはどこでも同じだろう。 しかし(当たり前だが)企業の業績を…

学習者のレベルでゲーミフィケーションの強弱をコントロールする

ナムコやコーエーでゲーム開発を手掛けられ、ゲーミフィケーション研究者になった岸本好弘さんの実に味わい深いコラムです。 www.4gamer.net マネジメント教育の初期の段階ではゲーミフィケーションがめちゃくちゃ有効なのですがその限界も語っていらっしゃ…

アドバイスを聞ける相手は、自分が行きたい道を先に歩いている人だけ

当たり前ですが、アドバイスを求めるべき相手は、「自分が行きたい道を先に歩いている人」しかいません。 例えば、若かりし孫正義さんが、日本マクドナルドの藤田田さんにアドバイスを求めたのは、藤田さんが海外関係のビジネスに長けていたから意味があるの…

Corvoda(monaca)のユニバーサルリンク対応はどうなる?

現在リリース中のアプリに「Custom URLスキーム」(URLから直接アプリを起動できる機能)を組み込んでいるですが、数年前のAppleの方針変更で、「ユニバーサルリンク」なるものに移行していく動きです。 blog.branch.io それはそれでいいのですが、うちでア…

スリランカの同時爆破テロと紛争問題

昨日スリランカの8箇所で同時爆破テロが起こり、300人近くが亡くなった。2009年に内戦の終結以来、年率4−5%の成長率で、他の新興国にキャッチアップすべく頑張ってきた。 観光産業も伸びており、昨年は日本人が4万人も訪れているが、それらに水を差し…

社会的コストとメリットのバランス

高齢者の自動車事故も、原発過酷事故も本質は同じで「社会的コスト」と「メリット」の比較で世の中は動いていることを示している。高齢者を運転禁止にするコストよりも、少々の事故が起こっても(ベンサム的な功利主義から)メリットの方が大きいということ…