大人の学ぶ力

若林計志が経営・MBAのフレームワークやマネジメント理論を応用しながら、ビジネス・社会問題から何が学べるかを考察します

TOC

イノベーションを生み出す交渉術

イノベーションの重要性が叫ばれて久しい。あらゆる市場がレッドオーシャンに染まり、利益を出すのが難しくなっている市場で、新しいバリューを訴求して、ブルーオーシャンで戦いたい、という思いはどこでも同じだろう。 しかし(当たり前だが)企業の業績を…

論理包含とTOCブランチの矢印(→)の違い

TOC

論理学で「AならばB」を「A→B]と書く。これはテクニカルには「AがBを包含していますよ」ということを意味している。 ja.wikipedia.org 例えば 「これはみかんだ」→「これは果物だ」 といえば、「みかん」という言葉の中に、「果物」が含まれている。 有名な …

操作的思考とTOCクラウド

ロジカルシンキング(論理思考)と呼ばれるものは、下記の2つに大別される。 「具体的操作」 「形式的操作」 である。発達心理学者のピアジェは人間の思考成長は5段階で進むと提唱した。 1段階目:感覚運動期(0~2歳)2段階目:前操作期(2~7歳)3段階目:…

知らないからできる(TOC)の読書メモ

KPIの取り方の工夫は経営そのものであることがよくわかる一冊。 ▼設備稼働率をKPIとした場合 (メリット) 1)製品の原価率が下がる →固定費部分(工場設備や賃料など)が均等割になるので。 →B/S上は資産として計上される (デメリット) 2)不良在庫が増…

クラウドとブランチの矢印が逆になっている理由

TOC

TOCfE(教育のためのTOC)では、主に 「ブランチ」(因果関係の解明) 「クラウド」(対立解消) 「アンビシャルターゲットツリー(ATT)」 という3つの手法を学びます。この中で、「ブランチ」と「ATT」は「十分性のロジック(Sufficiency-Based Logic)」に…

ロジカルシンキングは帰納法から始まる

TOC

ロジカルシンキングに「帰納法」と「演繹法」があるが、演繹法において前提となる定理も、根本的には経験や事実の積み重ねによる「帰納法」でできている。 100年上手くいったことでも、それは「普遍の定理」にはならない。(100年火山が噴火しなくても、101…

リードタイムの短縮により予想というボトルネックを解消するのが本質

TOC

ユニクロのリードタイムについての気になる記事。 予想システムやAIなどを駆使しなくても、実直にバリューチェーン上のボトルネックを潰して、納期までのリードタイムを極限まで短くすれば、在庫を減らしてキャッシュフローが改善が可能になります。 理由は…

問題解決手法の新しい潮流としてのTOCfE

TOC

6日間がっつりTOCfE(システム思考の一種)のファシリテーター認定トレーニングを受講。 ピラミッドストラクチャーやMECEを駆使する従来(バーバラミント系)の問題解決(PSA/Problem Solving Approach)と共通点はあるものの、一つの原因が結果を生み、それが…

なぜなぜを5回繰り返しても真因はわからない。アドラーに学ぶソフトな問題解決

TOC

フロイトやユングと並び「心理学の三大巨頭」と言われ、 「道はひらける」「人を動かす」(カーネギー)「7つの習慣」(コヴィー) などの名著に多大な影響を及ぼし、 精神科医ながら、アウシュビッツ強制収容所に収監され、奇跡的に生き延びた体験をもとに…