大人の学ぶ力

若林計志が経営・MBAのフレームワークやマネジメント理論を応用しながら、ビジネス・社会問題から何が学べるかを考察します

鎌倉幕府の成立が1192年ではなく1185年?

最近、鎌倉幕府の成立が、1192年(いいくに)ではなく、1185年(いいはこ)だという説が、バラエティ番組などで盛んに紹介されています。

スタジオゲストが、

「えー、そうなんですか。知らなかったなあ」

「目からウロコです」

みたいなコメントをしてオチになるのですが、「これで本当にいいだろうか」と思います。

鎌倉幕府の成立には諸説ある・・というより解釈の問題で、天皇源頼朝を「征夷大将軍」に任命した1992年にするのか、それとも頼朝が平家を倒して、守護地頭の任命権を得た1185年にするのかということ。

どちらを鎌倉幕府の成立するのかという議論の根本には、歴史的事実云々というより「天皇の権威をどれぐらい評価するのか」というイデオロギー的な対立が背景があるのです。

詳細はネットなどで調べてみれば分かりますが、少なくとも

「1192年ではなく1185年です」

と言われて、無条件に受け入れてしまうのは、英語で言う「クリティカルシンキング」が出来ていないとも言えます。

「鬼畜米英!」といっていた人々が、戦後に突如「アメリカ万歳」と言いだしたのと同じ・・とは言わないまでも、

・なぜ解釈変わったのか、

・なぜ今まで1192年と言われていたのか(その根拠は)

・1185年がより良いという根拠は何か?

といったことも考えないと、それを教えている教師はウソを言っている事になってしまいます。また生徒自身も自分でどちらの説が正しいかについて自分也に根拠を調べ、自分でジャッジする必要があるでしょう。(こういう論争に小中学生を巻き込むのが良いかどうか分かりませんが。)

いづれにしろ、ちょっと変だなと思ったら、自分で調べてみるのがベストです。