読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA流 大人の学ぶ力

MBAのフレームワークやマネジメント理論を応用しながら、ビジネス・社会問題から何が学べるかを考察します。by 若林計志

ウバー(Uber)に乗ってみた感想

久しぶりに米出張だったので、アリゾナPhoenix Sky Harbor) 空港からの移動にUberXを利用。

 

広い空港ターミナルでちゃんとpickupしてもらえるのかなと一瞬不安だったが、Uberアプリに連動しているGoogle MAPのGPS性能がかなり高く、空港にRideShare専用の場所もあり、あっけないほど簡単に乗れました。(その上料金もタクシーの約半額 UberX=エコカー車の場合。)

 

f:id:wakabayk:20170425174802j:plain

f:id:wakabayk:20170425174844j:plain


こりゃ流行るよねー。Uberのタグをつけた自動車があちこちにいて普及率の高さがよくわかりました。

f:id:wakabayk:20170425174940j:plain

また何気なくアプリを立ち上げると、現在地近くにリアルタイムで動いているUber自動車がたくさん表示されます、(空港の管制官みたいな感じで面白い!)

 

帰りは朝5:00にホテルを出発しましたが、早朝にもかかわらずUberがすぐにつかまりました(ちなみに深夜料金も自動で設定されるようで、夜検索すると同じ区間の料金が1.5倍ぐらいでした)

 

アメリカでUberをやっている人の年間平均収入は

 

約9万ドル(990万円)@New York

約7.4万ドル(810万円)@San Francisco

(平成27年版情報通信白書)

 

だそうで、下手なサラリーマンより儲かってしまうそうです。

 

*現地でのiPhoneソフトバンク→Sprintのキャリア切り替えもスムーズで、日本でダウンロードしていったアプリも当然そのまま使えました。

 

余談ですが、新興国でもUber系サービス(インドのOlaなどが似たようなサービスが乱立)流行っているのは、旅行者にとってもメリットが大きく、どんどん普及してほしいなと思います。

 

広告を非表示にする

アドバイスを聞くべき相手は誰か


ロバート・キヨサキ氏のベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」のコラムに面白いエピソードが出てきます。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

「私はいつも驚くのだが、投資をしていない友人、家族、同僚などから投資に関するアドバイスをもらっている人がたくさんいる。」

 

とキヨサキ氏言います。

 

実際、同氏は親しい友人から不動産投資のアドバイスを求められ、スタートアップの投資家として適切な物件を紹介したのだそうです。

しかし、その後数ヶ月経っても音沙汰がありません。

そこで進捗具合をその友人に訪ねたところ、こう言われたのだそうです。

 

「結局買わなかったのよ。お隣のマージに危ないって言われたから」
「マージは投資物件をいくつ持っているんだい?」
「ひとつももっていないわ」

 

この返事を聞いて、キヨサキ氏はこう結論づけています。

 

本当に危険なのは何もわかっていない人からアドバイスをもらうことだ


拙著「プロフェッショナルを演じる仕事術」の第5章(GoogleBooksにジャンプ)でも、ほとんど同じ事を書いています。

 

公務員の友人に起業の相談をしても答えは明らかですし、

都会住まいの人に、田舎暮らしの相談をするのもあまり意味はありません。

 

別に、これは「間違っている・正しい」の問題ではなく、

自分がアドバイスをもらうべき相手、アドバイスできる資格を持った相手は、

 

自分の行きたい道の先にいる人

 

だけだということなのです(私もこのことを尊敬する人から教えてもらったのですが!)

 

当たり前と言えば当たり前ですが、この原理原則って忘れがちなんですよね。

 

もちろん、最終的にはすべての経験/人から学べる訳ですが、それは上級者編です。通常は「同調圧力」の方が圧倒的に強いので、心のエネルギーを得るにはやっぱり「先達」に学ぶのが一番ですね。

 

プロフェッショナルを演じる仕事術 (PHPビジネス新書)

プロフェッショナルを演じる仕事術 (PHPビジネス新書)

 

 

広告を非表示にする

一旦効率が落ちるのを覚悟する(ノコギリの刃を研ぐ)

猛烈に仕事をしていると、人に自分の仕事の全体像を説明する時間がない。

したがって、新しく部下が入ってきても、自分がこなしきれない作業を、パーツ単位でその部下にお願いすることになる。

 

しかし、全体像が見えず部分的に降ってきた仕事は、部下にとって「丸投げ」か、「作業(仕事ではない」)以外の何者でもない。

中長期的に働くことが前提にして、

 

OJTだ」

「背中を見せて学べ」(率先垂範)

 「暗黙知の共有だ」

 

とばかり仕事の上達を部下の学習能力に委ねることもできるが、近年はそうも言っていられない。(もちろん、相手がそれなりに経験者で、自分で自分の仕事の先回り回りして全体像を把握できるなら別だが、それは甘い考えだ。

 

仕事をチームとして行うなら、一旦自分が抱えている仕事の効率が落ちることを受け入れて、全体像を説明する以外の方法はない。

 

ベストセラー「7つの習慣」の「刃を研ぐ」章で、こんな話が出てくる。

 

森の中で木を倒そうと、一生懸命ノコギリをひいているきこりに出会ったとしよう。
「何をしているんですか」とあなたは訊く。
すると「見れば分かるだろう」と、無愛想な返事が返ってくる。「この木を倒そうとしているんだ」
「すごく疲れているようですが...。いつからやっているんですか」あなたは大声で尋ねる。
「かれこれもう五時間だ。くたくださ。大変な作業だよ」
「それじゃ、少し休んで、ついでにそのノコギリの刃を研いだらどうですか。そうすれば仕事がもっと早く片付くと思いますけど」あなたはアドバイスをする。
「刃を研いでいる暇なんてないさ。切るだけで精一杯だ」と強く言い返す。

目先の作業に囚われて、仕事の全体像を説明しないマネージャーは、この木こりと同じ状態に陥っているのかも知れない。(自分の過去を深く反省)

 

そして仕事の全体像とは、Why-How-Whatに分解される。この点については、

 

ぜひサイモン・シネックのリーダーシップに関するビデオを見てほしい。

www.ted.com

 

▼このコラムもとっても参考になります

ひとりでやりすぎる人は結果的に人をつぶすという実際の話。 | Be & Do Inc

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

 

 

広告を非表示にする

怪しさの谷を越えた? ビットコインとエクスポネンシャル成長カーブ

ビックカメラなど26万店で今後ビットコインが普及していくというニュース。

www.nikkei.com

 

シンギュラリティ大学で教える「エクスポネンシャル成長カーブ」で、ビットコインは2つ目のD=「deception」のステージを終えた感じになってきた。

 

言い換えれば「怪しさの谷」を越えてきたように見える。これからガンガン来ることはまちがいなさそうだ。

www.exponential.jp

 

ビットコイン(というよりブロックチェーン)で特徴的なのは、振り込み手数料などが実質的にタダでシステムが構築できる点。この社会的インパクトは大きい。

 

個人的には税金の還付にぜひビットコインを活用してもらいたい。

 

30円程度を振り込むのに銀行を経由したら、数百円が取られる。これはほぼ税金で銀行に利益移転をしているのと同じで、非効率極まりない。

 

スイスでは公共料金をビットコインで払えるぐらい進んでいるので、日本でも追随してほしいところ。

virtualmoney.jp

広告を非表示にする

ウバーとヤマト急便の協業は可能?

本日UberEATS(ウバーの出前版)を利用して中華を配達してもらいました。

 

GoogleMAP上でリアルタイムで出前バイクの兄さんが家に近づいてくる様子が見えるのはなかなかエキサイティング。

 

f:id:wakabayk:20170420154936j:plain


やっぱりこういうのは、体験してみるとリアリティが違いますね。(途中の交通事情をカーナビのように自動計測しているらしく、到着予定もリアルタイムで変化します。結局20分で届きました。)

 

Uberは日本では法律の壁や、そもそもの需要の問題でイマイチうまくいっていません。(アメリカでUberドライバーは年平均900−1000万円稼ぐそうなので、日本でも法律がOKになれば、タクシー会社に属していたドライバーさんが一斉に個人ドライバーになる可能性も?)

 

一方で、最近アマゾンなどの荷物が急増して宅急便が機能不全を起こしているニュースが話題ですが、

 

それなら集配所やコンビニから自宅までの「ラストワンマイル」をUber登録している人に運んでもらうのは、WIN-WINなビジネスモデルとしてありかも知れません。

広告を非表示にする

不自由さの中に創造性が育まれる(行動コントロールの応用)

従業員が行うことのできる行動に著しく制限を加えることで、予想通りの結果を導くことを目的とする「行動コントロール」というマネジメント手法があります。

 

作業マニュアルなどがこれに当たりますが、一見クリエイティビティを阻害するかに見える「制約条件」が、返ってクリエイティビティを刺激する事例がたくさんあります。

 

例えば、設定が決まっている定番のドラマやアニメを見ると、脚本監督が毎回入れ替わっていることがよくあります。

 

例えば「カリオストロの城」は、ご存知の通り宮崎駿監督が手がけた名作ですが、ルパン、五右衛門、銭形警部、峰不二子などの定番キャラ、つまり描かれる世界の「型」は、原作のモンキー・パンチ氏が作り出したものです。

 

ルパン三世 - カリオストロの城 [DVD]

ルパン三世 - カリオストロの城 [DVD]

 

 

 

ではキャラ設定の不自由さがあるから、宮崎監督の創造性が阻害されたかというと、現実はむしろその逆です。

 

同じことはシリーズもの映画(「ドラえもん」でも「男はつらいよ」など)でも、小説(東野圭吾湯川博士シリーズ)でも、クラッシック音楽でも、俳句でも、古典落語でも言えます。

 

これらには基本的な「型」が存在しますが、それを使いこなす人によって、その雰囲気は全く異なります。つまり「型」という制約があることによって、かえってそれを使いこなす人の「技」が際立ったり、創造性が引き出されるという事が往々にしてあるのです。

 

当然ビジネスの世界で言う「フレームワーク」も同じです。

 

およそ「道」がつく武道、花道などに「守破離」のことわりがあるのも同じ理由です。

 

「守る」=型を守る、師匠を真似することで、返って創造性が育まれるのです。決して自由放任の放置プレーが、創造性を育む訳ではありません。

 

 

最近、ビジネスモデルや戦略の課題について、いろいろな人がアイデアを発表する研修を行うことがあるのですが、テーマに制約条件が多ければ多いほど(たとえば「この会社にはキャッシュがなく、この事業領域でビジネスを成功させる必要がある」といった感じの課題)、参加者のアイデアが湧きやすいなと思うのです。

 

さらに、制約が多いほど、他の人のアイデアから学べる機会が倍増します。

 

例えば

 

「画期的な電化製品についてアイデアを出しましょう」

 

という課題だと、ある人はアイロンについて、別の人は掃除機について考え、そのアイデアを発表する事になります。それはそれで面白いのですが、

 

「画期的な<冷蔵庫>についてアイデアを出しましょう」

 

とテーマを限定すると、別の人の視点から「なるほどなあ」「そうきたか」と思えるケースがぐっと多くなります。

 

なぜなら、自分も同じ冷蔵庫についていろいろと考えた上で、全く違う切り口のアイデアを聞く事になるので、自分に足りない視点に気づきやすいからです。

 

「不自由さの中に、本当の自由がある」
「厳しさの中に、本当のやさしさがる」
「型の中に、創造性が宿る」

 

矛盾した存在の中に、本当の答えがあるのって何だか面白いですよね。

 

ーー
「制限が創造性を高める」という仮説については、アムステルダム大学のジェニナ・マルグクらの研究が『The Journal of Personality and Social Psychology』に掲載されているそうです。

 

wired.jp

広告を非表示にする

マーケティングにおける「環境コントロール」の例

マネジメントコントロールにおいて、戦略目標達成のために、スタッフに人事的&文化的な施作を講じるのが「環境コントロール」だが、これはマーケティングにも応用できる考え方だ。

 

言ってみれば、間接的に顧客に影響を与え、思惑通りに誘導するのである。

例えばこんな事例が当てはまる。

 

ホテルの絨毯色

ホテルの宴会場が赤絨毯だと売り上げが3倍にアップする

 

バーのテレビ位置

スポーツバーでテレビを高い頃に設置し、テーブルを高めにするとアルコールが進み売り上げが上がる。

 

立ち飲みレストラン

「俺のイタリアン」などの俺シリーズでは、立ち食いスタイルによって客の回転率を上げている。回転率が上がったぶんだけ原価を上げても儲かる構造ができ、美味しい料理を低価格で提供できる好循環を達成している

 

回転寿司の流れる方向

回転寿司では左から右に反時計周りで流す方が売り上げがアップする(左目から入ってきた情報は感情を司る右脳で処理されるから?? 右利きだとその方向が取りやすいmなど諸説あり)

 

工務店のフォトスタンド

北海道の工務店では、自宅を新築週中の施主にフォトスタンドを配り、自宅の建設進捗状況を毎日写真で送る事で顧客満足度アップに成功した。ただ、もっとも満足度が上がったのは施主ではなく、大工だった。壁などを貼ってしまうと見えなくなる部分のディティールにこだわる大工さんは、自分の仕事を施主に見てもらいたかったのだ。(このように”見られる”事でモチベーションが上がるのは「ホーソン効果」とも関係がある)

 

ホーソン効果 - Wikipedia

広告を非表示にする